トイレで起きる水漏れやつまりのトラブル

トイレで起きる水漏れやつまりのトラブル 普段1日に何度も利用するトイレは何気なく使っているかもしれませんが、ある突然日使えなくなったらどうでしょう。用を足せなくなってしまい、ほかのところで借りないといけなくなり、大変不便な生活を送ることになります。しかしこのように使えなくなってしまう事態は、決してレアケースではありません。修理業者には、さまざまなトラブルの対応依頼が舞い込んでいます。水漏れが発生している、詰まってしまって水が流れなくなった、逆流して水があふれてきているなど、いろいろな問題が発生するものです。具体的にどのような症状が起こりうるのか、対処するにはどうすればいいのかについて紹介します。もしもの時のために、頭に入れておきましょう。

■トイレで発生する問題で多いのは

トラブルで多いといわれているのが、水漏れと詰まりです。水漏れは、さまざまな箇所で発生する恐れがあります。配管のつなぎ目の部分や便器やタンクとの接続部、さらに便器そのものでトラブルが発生する事態も考えられます。
パッキンなどの劣化のケースもあれば、陶器で作られている便器でひび割れが発生しているなど原因はまちまちです。何が問題かによって、修理作業の内容も変わってきます。さらに異常はなく、ただ結露が発生していただけという事例も少なからず見られます。もう一つの詰まりは、異物が排水管などにとどまることが原因です。このため、水の行き場がなくなってしまって逆流などを引き起こしてしまいます。

■軽微なトラブルであれば自分で対処できる可能性も
軽微な問題であれば、自分自身で修理できるケースもあります。近年ではDIYという言葉も広まって、工具などの道具もホームセンターなどに行けば手軽に入手できます。自分で修繕するのであれば、工具や部品を交換するのにこの費用程度ですみます。
ただし素人が行う場合、逆に症状を悪化させてしまう恐れもあることは理解しておきましょう。症状がひどくなることもあれば、下手に内部をいじったことで別のところで問題が発生するといったことも考えられます。普段からDIYを趣味としていて、いろいろと自分で手掛けているのであればできるかもしれませんが、経験のない人が自分で何とかしようとするのはリスキーといわざるを得ません。専門の業者に依頼することも検討すべきです。

■悪徳業者もいるかもしれない

大半のトイレトラブルの修理をする業者は優良で、しっかりとした技術で対応してくれます。しかし残念ながら、一部悪徳業者もいるのも事実です。もし悪質なところに依頼してしまうと、後々高額な費用を請求されて二次被害を招くこともあり得ます。このような事態にならないためには、冷静にどこに依頼するかを比較することが大事です。
口コミの評判などを見て、評価の高い業者を利用するのが賢明です。そのほかにもトイレの水漏れやつまりによって逆流が起きている場合、一刻の猶予も許されない事態です。そのような時に迅速に現場に駆けつけてくれ、すぐに作業をしてくれるところの方が安心です。しっかりした業者の場合、大体今からどのくらいでスタッフがやってくるかおおよその時間を伝えてくれるはずです。このようなところを見て、親身にサービスを提供しているかどうかチェックしてみましょう。

■まとめ
トイレでトラブルが起きて使用不可の状態になると、早く何とかしたい、ただどうすればいいかと立ち往生してパニックに陥ってしまう方も少なからず見られます。ただしそのようなイレギュラーな事態の時こそ、冷静にいったん落ち着くことが大事です。何が問題か、どこが原因なのか、自分で対処できるか、業者にお願いすべきか、一つ一つ答えを出していきましょう。そうすれば、最適な対処法がきっと見つかります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース