トイレの便器が濡れている、これは水漏れか

トイレの水漏れが起きている箇所にはいくつか候補が考えられます。便器が濡れていると、ここが原因箇所と考えている人もいるのではないでしょうか。もし便器がトラブル箇所の場合、詳しく状態を確認することです。症状によって対処法も変わってくるからです。

■場所を特定すること

まずは濡れている個所を確認してみましょう。もし下部を中心に塗れている場合、結露によるものと推測できます。結露は別に便器や排水管などそのもののトラブルではありません。結露が発生しないように換気をする、ほかの部屋との温度差をなくすなどで解決できます。
そのほかには、便器と排水管をつなぐ部分で水が漏れている場合も考えられます。これはパッキン部分が時間の経過とともに劣化を起こしていることが原因です。この場合、便器を取り外して修理する必要がありますから、専門業者にお願いすることです。

■ひび割れている場合には新しいものと交換

便器を確認していたところ、ひび割れの発生している場所があって、そこから水が出ている場合、トイレの交換が必要です。もともと陶器で作られているため、強い勢いで座るなどの衝撃を与えるとヒビが入ってしまうこともあり得ます。
この場合も、速やかに専門業者を呼ぶことです。もし防水テープやパテなどが自宅にあれば、それを貼り付けることで応急処置は可能です。できることをやって、業者を呼べばそれ以上の水漏れを防げます。大掛かりな工事になりますから、費用や期間などをあらかじめ確認しておくべきです。


■まとめ
便器の水漏れは、軽微な症状で何もしなくてもいい結露から丸ごと交換しなければならないひび割れなど重篤なケースもあり得ます。まずはなぜ問題が起きているのか、確認しておきましょう。確認できれば、業者に伝えることで速やかに作業に移れます。できることを行って、あとは専門家に任せましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ